カテゴリー
北海道 道の駅スタンプラリー 道央エリア1 行ってみたよ~シリーズ

三笠の【MIKASA COOKING ESSOR&ciel(シエル)】に行ってみたよ~

みなさん「おばんです」。北海道民のケイケイです。(「おばんです」は「こんばんは」の意味の北海道弁です。)

私は北海道に生まれ育ち、北海道が大好きな普通のおばさんです。北海道の魅力をおばさんの目線から、あまりお金をかけずに楽しむ感じでお伝えしていきます。

2020年6月北海道は「新北海道スタイル」安心宣言を発表しました。私たち一人ひとりが気をつけて、社会全体でも取り組んでいく「新しい生活スタイル」。みんなで気をつけながら、楽しんでストレスをためないようにしていきましょう。

※最後に旧奔別炭鉱と旧幌内炭鉱立坑櫓をご紹介します。

MIKASA COOKING ESSOR(三笠高校生レストラン)

MIKASA COOKING ESSOR(三笠高校生レストラン)は、道の駅三笠から車で7.2km(約10分)の場所にあります。

北海道の公立高校で唯一の食物調理科単科校である、三笠高等学校の生徒が調理や接客を担当するレストランです。(2018年オープン)

※向い側に三笠高等学校があります。

まごころきっちん(調理部のお店)

三笠高校の調理部の生徒が調理・接客・商品開発・コスト管理まで実践的に学ぶレストランです。生徒が和食を中心に考案し、プロ意識を持って調理して運営しています。

※「調理技術コンクール全国大会」出場や「全国高校生食育王選手権大会」での優勝など数々の料理コンクールで優秀な成績をおさめています。

・営業時間 

11:00~14:00(レストランは朝9時より、店舗前でご入店の当日受付を行っています。)

・営 業 日 

土曜・日曜・祝日、長期休業期間中(春・夏・冬)

※ただし、学校行事などで休みとなる場合があります。

Cherie(製菓部のお店)

三笠高校の製菓部の生徒がパンやケーキなどを製造・販売・接客をするカフェです。ここでしか食べられない、皿盛りのこだわりのケーキやドリンクは人気です。テイクアウト販売もしています。

※「貝印(かいじるし)スイーツ甲子園」で優勝を果たし、道内のコンクールでも優秀な成績をおさめています。

・営業時間 

11:30~14:30

・営 業 日 

土曜・日曜・祝日、長期休業期間中(春・夏・冬)

※ただし、学校行事などで休みとなる場合があります。

キッチンスタジアム

キッチンスタジアムは、プロ使用の調理設備を揃えたレンタル施設です。イベントの会場としてやグループでの一般開放、料理教室やご家庭では難しい調理などにも挑戦できます。

※キッチンスタジアム使用料や、予約状況はご確認ください。

・営業時間 

8:30~17:00

・営 業 日 

年末年始を除き営業

表示あり…予約状況は詳細をご確認ください。

表示なし…終日ご予約いただけます。

ESSOR STORE

三笠高校の生徒が開発に携わった、メロンパンやジェラートなどの商品を販売をしています。市内の三笠振興開発(株)が、三笠高校地域連携部と協力し運営をしています。

・営業時間 

9:00~18:00(4~9月)、9:00~17:00(10~3月)

・営 業 日 

月曜・年末年始を除き営業

※土曜・日曜・祝日、長期休業期間中(春・夏・冬)は、地域連携部の生徒が接客しています。

軽食やスイーツなどの調理や接客を高校生がしていて、生徒が考案した商品が多く、この日も土日限定のアンモナイトメロンパンやゴロゴロ石炭クッキーは売り切れでした。

三笠の特産品なども販売しています。

オリジナルのジェラートのアップルシナモンを食べてみました。アップルとシナモンの味がしっかりとして、どちらの味も邪魔せずに濃厚で美味しいジェラートでした。

レストランが終わっていたので、三笠高校地域連携部オリジナルの夏限定!「ごまみそーめん」を注文しました。今まで食べたことのないごま味噌ダレが、石炭のような色で三笠らしいなと思いながら美味しくいただきました。

※三笠高校地域連携部は、校内菜園を地元農家の方たちに教わり、種まきから収穫までを体験しています。また各種ボランティアに参加し、地域の人たちと交流を深めています。

ここでもジオパークのことが書いてありました。三笠市全体でジオパークに取り組んでいることがわかります。

MIKASA COOKING ESSOR(三笠高校生レストラン)

ciel(シエル)

ciel(シエル)三笠市立文化芸術振興促進施設は、MIKASA COOKING ESSOR(三笠高校生レストラン)に隣接しています。

2020年春にオープンした、三笠市立文化芸術振興促進施設で、三笠市出身の芸術家たちの作品などが展示されています。

・開館時間 

9:00~17:00(入館は16:30まで)

・休 館 日 

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)

冬期間の祝日(12~3月)

年末年始(12月30日~1月4日)

・入 館 料 

高校生以上300円(高校生レストランをご利用の場合割引あり)

小・中学生100円

※三笠市立博物館と三笠鉄道記念館との共通入場券

・販売期間:4月16日~10月15日

一般750円、小・中学生350円

三笠市立博物館との共通入場券

・ 販売期間:10月16日~3月31日        

一般500円、小・中学生200円

私は今回お得な引換券を、道の駅三笠でいただいて100円で入館できました。※期間限定ですが、最後にご紹介しますね。

三笠市出身の日本画家「新田志津男」氏の作品が展示されています。また三笠市にゆかりのある画家たちの作品なども展示しています。

アートギャラリーの他に美術的に価値のあるアンモナイトや、研修室ではテーブルプロジェクションマッピングがありました。高校生レストランの料理を、かわいい小人が料理していく様子が楽しかったです。

※施設内の写真撮影はできないので、写真は外から撮っています。写真は休憩スペースです。

ciel(シエル)三笠市立文化芸術振興促進施設

期間限定お得情報(2020年9月まででしたが、延長されています)

三笠市がコロナの対策として、道の駅を利用した人がお得になるクーポンがあります。三笠市がおすすめする3施設が、この引換券を持っていくとそれぞれが100円で見学できます。

引換券1枚で1名なので、小学生以上のお子さんのいる方は人数分を忘れずにお持ちくださいね。(道の駅にありますので、行く前に必ず寄ってください。)

※私は8月中旬過ぎに行ったので、この引換券は2020年9月末までですが、もしかすると期間は延長されているかもしれません。

※追記(9月に入って、11月まで延長されています)

旧奔別炭鉱(旧住友炭鉱立坑櫓)

旧奔別炭鉱は、1900年(明治33年)に奈良炭鉱として開鉱、1928年(昭和3年)住友坂炭鉱に売却された後、1930年(昭和5年)に住友炭鉱の経営となり、1971年(昭和46年)まで操業され、累計約2650万トンの石炭が採掘され、地域を支えた巨大な炭鉱でした。

旧住友炭鉱立坑櫓は、1959年(昭和34年)に完成、翌年に操業を開始しました。櫓の高さは約51m、深さは約735m、内径は約6mで、当時は東洋一の立坑と呼ばれました。

※私有地であるため、敷地内への立ち入りはできません。

旧幌内炭鉱立坑櫓

横から見ると三角形に見える、北炭幌内鉱と新幌内鉱の設備系統の一元化や人員・資材搬入及び入気の目的で建設されました。三笠市で、最後まで稼動していた立坑櫓です。

※私有地であるため、敷地内への立ち入りはできません。

最後に

いかがでしたか?三笠高校生レストランやカフェは、調理・接客・開発・運営まで幅広く学べる地域と連携した場所でした。自分達で考えて行動できるからこそ、コンクールでもよい成績が出せるのだと思います。

今回私は、レストランもカフェも終了していましたので、次回はぜひ食べてみたいと思います。

cielでは日本絵画や、あまり見たことがないテーブルプロジェクションマッピングがあり楽しかったです。

三笠といえば炭鉱が有名だったので、たくさんの炭鉱跡がありました。三笠に来たらジオパークの体験をしながら、レストランで美味しいものを食べたり、なかなか見る機会がない炭鉱跡など見て歴史を感じてみるのもいいかもしれません。

では、また次回お会いしましょう。「したっけ」(「またね」の意味の北海道弁です。)

北海道 道の駅スタンプラリー「三笠」

三笠の【鉄道記念館】に行ったみたよ~

三笠の【市立博物館】に行ってみたよ~

サケのふるさと【千歳水族館】に行ってみたよ~

富良野の【ファーム富田】に行ってみたよ~2020

富良野の【麓郷の森】方面に行ってみたよ~

富良野のラベンダーを見に行ってみたよ~

美瑛の【四季彩の丘】と名所を巡ってみたよ~

旭川【男山酒造り資料館】に行ってみたよ~

旭川【上野ファーム】に行ってみたよ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です